記事一覧

ディオール×一生ものバッグ3選

パリ メゾンの洗練を体現する名品中の名品バッグ

1946年パリで創立した高級ファッションブランド。その魅力は高貴でエレガントなデザイン&シルエット……、例えば1948年のジグザグラインをはじめ1954年のHライン、1955年のAラインなど、新しいムーブメントを常に引き起こし続けてきました。

身に着けるだけでスタイルがクラスアップすると、誕生以来、世界中の女性を虜にし愛され続けています。

ディオール レディ ディオール

上品な女らしさ──。かの英国のダイアナ妃がこよなく愛した、まさにこれ以上ないレディの装いのための名品バッグである「レディ ディオール」。
メゾンのアイコンである、ナポレオン3世様式の椅子の編みこみに由来する“カナージュ”模様や、クラシカルなハンドルのフォルム。ディオールというブランドを象徴するディティールの数々に加え、これさえ持てばどんな装いもたちまち品よく仕上がるということ間違いなしという確かな気品にあふれています。

ディオール オープン バー

このバッグは、ブランドのアイコンデザインである「バー ジャケット」から着想を得たもので、ウエストラインを細く絞った8の字シルエットは、今でも受け継がれるブランドのフェミニティを象徴しています。
ディオール 偽物
やわらかな質感のレザーに角のない丸みを帯びたフォルムの可憐さ。無条件で大切に扱いたくなる愛おしい存在感は女性そのもの……。不要な装飾をそぎ落としたストイックなデザインは、女性らしいエレガントな佇まいが際立ち、色気も発する。

ディオール サドルバッグ

2000年に登場したDoirの「サドル」が約20年の時を経て、今を生きる女性のために生まれ変わったNEXT新定番。ちょっと変わった形は、サドル=馬鞍のフォルムにインスパイアされたもの。当時は名だたるセレブが愛用し、一世を風靡しました。

そして現在、何より注目したいのはショルダーストラップの登場。クロスボディスタイルで持てるようになったことは、20年前には無かった発想。“あらゆる場面に合うアイテムにしたかった”という、Dior初の女性ディレクター、マリア・グラツィア・キウリの思いが形になっています。

【関連記事】:高品質かつおしゃれで使いやすい!

イ・ヴィトン「モノグラムバッグ」に新作

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の「モノグラムバッグ」から新作が登場。

アイコン「モノグラムバッグ」から新作

不動の人気を誇る、ルイ・ヴィトンの「モノグラムバッグ」に新作が仲間入り。アイコンバッグ「サック ・プラ」を小ぶりなサイズにアップデートしたのが、新作「サックプラ PM」と「サックプラ BB」の2種類だ。

モノグラム・キャンバスをベースに、ナチュラルレザーのトリミングを施して、クラシカルなムードを演出。ロール仕上げのレザーハンドルを備えているので、ハンドバッグとして楽しむのはもちろん、取外し可能なストラップを取り付けて、クロスボディ、ショルダーバッグとして使用もできる。

中のライニングは、鮮やかなレッドカラーで仕上げ、収納に便利なファスナー付きポケットもあしらった。「Louis Vuitton」のパッチでアクセントもプラスしている。

一方、「パドロック・オンストラップ」は、モノグラム・キャンバスをボディに使用したハンドバッグ。取外し可能なチェーンに加え、取外し&調節可能なストラップも付属するので、こちらもショルダーバッグやクロスボディバッグとしてもアレンジできる。

なめらかなカウハイドレザーのフラップには、マグネットスタイルの留め具をオン。LV の刻印入りパドロックでデコレーションして、ラグジュアリーな佇まいに仕上げている。

関連記事:https://hacopy.shiga-saku.net/